gattijaのバッグは、安定品質の国産牛革を使用しています。
革の種類は、「耐久性」を重視して、シュリンク型押しレザーを採用しています。

 

シュリンクレザーの″シュリンク″には「縮む」という意味があります。
なめしの段階で特殊な薬品につけることで、革の表面を縮める加工を施したものです。
これは、革製品特有の傷やシワを目立ちにくくするという役割があります。
表面にはコーティングが施され傷が付きにくく、シュリンク型押し模様が縦横無尽に刻み込まれているので、傷が目立だちにくい仕様となっています。
実際に爪やコインでひっかいてみても簡単に傷が付きません。

 

この優れた耐久性は言い換えれば「安心感」でもあるため、商品選びの際には見逃せないポイントになります。
質感は多少固く、色合いは引き締まった印象となっています。

 

また、gattijaのバッグは、世界に一つしかない一点物のバッグです。帯の色や模様も様々です。
そのため、帯の色に合わせ、革の色もチョイスしています。