事業概要

gattja  (ガッティージャ)

屋号gattija  (ガッティージャ)
代表者 古賀 明子
設 立2019年3月1日
所在地〒819-1102 福岡県糸島市高田4-20-16
電話番号092-335-3315
事業内容バッグの企画、製造、販売、卸
取引銀行福岡銀行 周船寺支店
許 可古物営業許可 福岡県公安委員会

事業のきっかけ

2019年3月に、帯地を使用したオリジナルバッグの製造販売を目的に、事業を立ち上げました。
近年、着物離れが加速し、着物を着る方が大変少なくなりました。
また、断捨離や終活ブームで着物を処分したり、フリマアプリやリサイクル店で安く売ったりする方が多くなりました。

日本の帯は大変高度な技術を使って作られています。
購入した際にはかなり高額だったと思います。
それが、処分されたり、捨てられたりするのを見て、何か生かすことはできないかと考え、事業を立ち上げました。
また、お客様がお持ちで、ずっとタンスに保管されたままになっている帯をバッグにリメイクする事業も行います。

帯をリメイクしたバッグはたくさんありますが、他社と違う点は、本革と組み合わせることによって、
丈夫で、たくさん物が入るバッグにしたことです。

本来なら捨てられていた帯をバッグにリメイクすることで、新しい価値観を創造し、地球環境保護に役立て、
国連の推進するSDGsの理念に貢献いたします。

日本の織物の美しさ、繊細さ、そして日本製品のクオリティーの高さをこれからも発信していきます。

代表者プロフィール

古賀 明子

 

福岡県北九州市八幡西区出身
九州大学大学院比較社会文化研究科修了 専攻は日本の近代史、および陶芸史
経歴 公的機関、研究機関に勤務の後、2017年、ベンチャー企業に入社。
2019年、個人事業主として、gattijaを設立。

茶道歴20年 日常的に着物に親しむ。
茶道講師としての経験から、その知識を帯地の素材選びに生かしている。

Profile Picture